忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マンション管理士 独学合格で極める!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 変幻自在な難易度で独学受験生を幻惑してくる、マン
ション管理士の出題には対応し難く、

様々なタイプの問題を解きながら、 打開してい戦略の必
要性を強く感じた理由が挙げられます。

 とは言いましても、 これまで 1度も2桁の合格率に到達
した過去の存在しないマンション管理士の独学で、

比較的早い段階から「実戦的な問題演習」に着手してい
くには、

 まずは着実、かつ入念に 基本を仕上げておかなければ、

「単なる自己満足による砂上の楼閣的な独学」 に陥って
 しまう危険性も強く感じていました。


この様な経緯から、第1回目となる直前予想問題集のタイ
ミングには相当苦慮した記憶が甦りますね。。

 実際に、 マンション管理士の直前予想問題集の着手に
関しましては、

9月頃に突入してからでも十分間に合うと想定してました。


  しかし、当時の私は 4つの資格系ブログを更新しなが
 らの過酷な独学参戦だった理由から、

「終盤の復習の時間は 非常に限られている!」と敢えて
自らに試練を課し、

  8月の下旬に 第1回目となる、マンション管理士の直前
予想問題集を解いています。

 この時の点数は「34点」で、 ちょうど急激な難化モード
 に突入した前年度と同じ合格ラインであり、

以下次号










PR

 かつての私自身が マンション管理士の独学攻略を進
めていった過程で、

真っ先に思い知らされた現実は、 宅建士や管理業務主
任者、

 貸金業務取扱主任者といった、 主任者系・国家資格
との 「次元の違い」 でした ^-^

実際に宅建士や 管理業務主任者等の不動産系・国家資
格に予め合格していれば、

 マンション管理士試験との共通 出題分野も複数存在
している理由から、

「宅建士や管理業務主任者の延長線上で合格可能」
想定してしまう現実を否めません。。


 しかし! 宅建士と管業と同様の 「4肢択一」という
出題形式でありながら、

 何度繰り返し過去問を解いても、理解できない出題が
複数・散見していました。。

この様な経緯から、比較的早い独学段階に 「これまで
のセオリーでは危うい!」
と危険フラグが点灯した記
憶が甦ります。

そこで、 マンション管理士・特有の独学者を幻惑する
マ闘気(変幻自在な難易度)を打開すべく、

 私の独学攻略論によって講じていった戦術の一手が、


「直前予想問題集に早めに着手し、 復習と対応策に当

てる時間を 宅建・管業の独学攻略時よりも多めに捻出
する」


 と言う、攻めの勉強スタイル! にありました ^-^


 実際に、かつての私自身が、 これほど攻撃的な独学
 戦術を選択していった理由の一つとしまして、

テキストや条文の読み込みといった 「インプット作業
を重視するスタイル」 に偏り過ぎていては、

以下次号

行政書士 通勤講座

 間もなく5月も終了し、6月が目前となっていますが、
その後は本格的な夏が到来し、

マンション管理士の独学受験も 夏以降は後半戦に突入
していきます。

実際に 「夏を制する者は受験を制する!」という有名
な格言が存在していますが、

この教えは 「秋の資格祭り」の一角を占めるマンショ
ン管理士にも当てはまっていく真理と言えるでしょう。

 そこで、今回からは 本格的な直前期に突入する以前
に重要となっていく、

「3冠王直伝 マンション管理士 独学攻略論」を展開し
ていきます。


 実際に、かつての私自身が 独学3冠王の称号を目指し、

今の時期に意識していたマンション管理士の勉強法は、

 「アウトプットへの移行」という一言に集約されます。

とは言いましても、 既に宅建、管理業務主任者、貸金
業務取扱主任者の独学3冠・主任者を達成し、

相応の場数も踏んできた私にとって、 過去の出題傾向
の分析、

 つまり、過去問攻略は インプットと同レベルの基本
となっていました。

この様な経緯から、 当時の私が見据えていた夏以降の
アウトプットとは、

「本番形式の直前予想問題集の取り組み」 という実戦
的な独学スタイルに至ってます。

以下次号


 結局のところ、 合格率が7~8%台の国家資格と言えども
徒に難問・奇問対策にはしるのではなく、

「基本~標準問題の取りこぼしを極力予防していく独学ス
タイルが有効となっていく試験結果であった」と言えるで
しょう。


実際に かつて私が完全独学で挑んだ 平成22年度 マンショ
ン管理士試験の際も、

合格ラインが 36点 という予想・内容が大方を占めており、

 「35点も十分あり得る」
と囁かれていたほどでした。

しかし、 蓋を開けてみれば合格点が 37点 と今回と同様の
壮絶な阿鼻叫喚モードに突入し、

 「マン管受験の恐ろしさ」を身をもって体験しています。。


そして、当時の合格ラインの上昇した背景を考察してみま
しても、

 主要攻略科目の民法や区分所有法、設備関連以外の分野
の難易度が若干・甘く、

その甘かった分野を取りこぼす事のない学習スタイルを実
践してきた、

「堅実な受験生の合格率の高さ」が要因だったという検証
結果に帰着してますね。

また、完全独学という情報が限られた立場で臨んだ当時の
私自身も、

「強豪ひしめくマンカン受験で基本~標準レベルの出題を
 何問も取りこぼしていては到底・勝ち目はないっ!」

と予め想定し3冠達成を果たしました。


この様な経緯から、今年度の平成28年 マンション管理士
試験に関しましても、

 冒頭に書き記したとおり、徒に難問・奇問対策にはしる
事なく堅実な独学で本試験に臨めば、

 今回の様な結末を迎えたとしましても「勝機は十分ある」
と私は思ってます。



 苦手としている受験生が多い仕訳問題の減少や、難攻不
落の設備関連の分野に、

やや得点し易い出題が見受けられた結末が、要因の一つで
あったと推測しています。

 換言しますと、 前回は36点という結末で終了した平成
26年度・マンション管理士試験と、

それほど大きな難易度の差が感じられなかった今回の本試
験で、

 合格点が2点も上昇した原因の一つに、 会計問題や設備
関連の分野で発生したチャンスを、

「有効に活かし得点力をアップさせた受験生が、決して少
なくなかったのでは?」 と私は想定してますね。


この様な経緯から、1~2点の僅差で連敗を喫していた強豪
ひしめく上位陣の受験生が、

 「今回のチャンス」を見逃す可能性は限りなく低く、

合格発表日は壮絶な阿鼻叫喚・モードに突入したと言える
でしょう。。

 換言しますと今回の結果を踏まえ、宅地建物取引士や管
理業務主任者、

行政書士や建築士の有資格者の参戦率も高いうえに、合格
率が7~8%のマンション管理士試験で、

「今年度の本試験は、一体どれほど壮絶な結末が展開され
ていくのだろうか。。」

と不安を抱いている受験生の少なくないと推測されますが、

以下次号

 壮絶だった 平成27年度 マンション管理士 合格発表から
1ヵ月以上の月日が経過しました。

実際に私自身、 完全独学でマン管に挑んだ平成22年度より
当ブログの運営を継続してますが、

 今回の劇的な試験展開は、 急激に難化した平成24年度・
本試験と共に強く印象に残っています。


とは言いましても、 今回のマンション管理士試験に関しま
しては、

 難易度が急上昇した訳でもなく、 平成25年度・本試験の
様に難易度が緩んだ試験内容に映らなかった経緯から、

本試験当日に 38~37点 の合格ライン・予想を公開してい
ました。

その後、 教育機関から公開されたデータを参照してみまし
ても、

 36点の可能性は厳しい状況に映りましたので、 年末まで
予想内容を変える事はなく、

最終的に 37点の一点予想に絞り込みを掛けて外しています。


 ちなみに、 当時の合格ライン予想に関しましては、やはり
平成25年度・本試験レベルまで、

易化した内容に映らなかった理由から、 38点まで上昇した
結末に私自身も絶句した記憶が甦りますね。。

 その後、「何故38点まで上昇していったのか」 を考察し
てみた結果、

以下次号

すっぽん皇帝 上々

 先ほどマンション管理センターより、2015 平成27年度
マンション管理士試験の合格発表がありました。

その結果に関しましては、 合格基準点が38点、 合格率が
8,2%と 相変わらず壮絶な試験展開となっています。

 そして、その過酷な試験を制し、今回見事に合格の栄冠
を勝ち取った皆様方、本当におめでとうございます。


実際に近年は宅地建物取引士や管理業務主任者も難化傾向
化が進み、厳しい試験展開となっていました。

しかし... マンション管理士の場合は、この難易度で38点!
という鬼の様な試験展開となっており、

「3冠達成の歓喜も筆舌に尽くし難いものがある」 と言え
るでしょう。


次に、一歩及ばず合格に届かなかった皆様方、今回は私も
優位な予想展開であったにもかかわらず、

 敢えて一点予想で攻め、見事に外してしまいました。。


しかし、 今回外した結末には 全く後悔していません ^-^


かつて、激難年度の管業予想で外した際も、同じ内容を語
っておりますが、

「自分の予想内容に誇りとプライドを持てないなら、初
から予想などしなければ良い」
と思ってますね。


  この様な経緯から、 今回一歩及ばなかった方々に対しま
しても、

予想を当てる・外すは兎も角として、今年のマンション管
理士試験の際も、

 私自身、リスクを恐れず盛り上げ役に徹していく所存な
ので、

今後も受験する方向で進むのであれば、 また気晴らしに
遊びに来てください ^-^











   新年 明けまして おめでとう御座います ^^

年明けは 何かと慌ただしかったうえに、 私の運営ブログ
も2桁を超えましたので、

 新年のご挨拶が遅れてしまった経緯をご了承ください。

とは言いましても 昨年度中に一点予想を公開し 「見せ場」
は作っておいたのですが、 

その間に全ての教育機関等のデータも出揃い2015 平成27
年度 マンション管理士・合格発表も佳境を迎えました。


 ちなみに私自身は、既に 37点の一点予想を公開済みであ
りますが、

今年になって 公開されたデータ等を参照してみても、自身
の見解内容に揺るぎはありません ^-^

 その根拠としまして、 本試験終了後に先陣を切って貴重
なデータを公開してくださった、

資格予備校等の教育機関の数値を参照させて頂き、 改めて
精査した結果としましても、

 やはり平成25年度・本試験までの難易度レベルに映って
おらず、

複数解や没問等が発生しなければ、 38点まで到達する可能
性の高さを感じられなかった理由が挙げられます。


 また、 近年のマンション管理士試験の定説となっている、

「受験生レベルの向上」 についてでありますが、 この件に
関しましても、

平成26年度・本試験の結末が 36点という結末で幕を閉じて
おり、

 当時の私が公開した 37 ~ 36点という予想範囲内の37点
まで到達していなかった理由から、

「騒がれているほど 急激に向上しているレベル」 には感じ
られませんでした。

以下次号

 結局は 住宅〇報社の解答とすべて一致するという結末で
幕を閉じ、

「複数解」 や 「没問」 という展開には至っておりません。

この様な経緯から 今年度の行政書士試験の様に没問が発生
する可能性は低いと想定し、

当ブログでは、 どこよりも早く先陣を切って今回のマンシ
ョン管理士の合格ライン予想点数を、

  一点予想の37点と公開することに決定しました ^-^


実際に私自身、2015 平成27年度 マンション管理士試験の
当日に 37~38点というニ点予想を公開済みです。

 しかし、当初はデータや平均点等も全く不明な状況下で、

私の独学眼によって算出された数値でありましたが、 決し
的外れな内容ではなかったと自負してます。

 だからこそ、このまま二点予想の状態で、 もう少し様子
を見てから、

来年度に一点予想に絞る選択肢も 「あり ^◇^ 」 と言え
たでしょう。

 
 しかし! 私は敢えて、そういった姑息な手段を選ばず、

今回のマンション管理士受験で 激闘を繰り広げてきた皆様
方と共に痛みを伴わなければ意味がないっ!!

と判断し、優位な予想展開でありながら 一点予想の公開に
踏み切りました。

  次回からは、 その根拠等について展開していく予定であ
りますが、

紙面の都合もあり、 今回の合格ライン予想点数考シリーズ
を 今年1年の感謝のご挨拶意に代えさせて頂きます。
 

            それでは、良いお年を (^^)/

以下来年

マンション管理士

希望を抱いて2015 平成27年度 マンション管理士合格発表
に臨んでほしいと思ってます。

 実際に、今振り返ってみましても、かつての私自身が3冠
達成の座を賭けてマンション管理士に挑んだ際は、

宅建・管業・貸金の独学3冠主任者という肩書でありました。

ちなみに、私自身は資格マニアではありませんし、更に2級
FP技能士や全経・簿記の1級も保有していた経緯から、

「もう資格はこれで良いかな」と思っていたことも事実です。


しかし、ネットで情報を検索しながら様々なサイトやブログ
を拝見していくうちに、

 やはり 「独学で士の領域に到達しなければならないっ!」
と強く思う様になっていきました。

しかも、その 「士」 のなかで、宅建や管業、 若しくは他士
業を撃破した受験生でありましても、

「7~8%台」の合格率であり 不動産系・国家資格の覇者と
 言えるマンション管理士こそ、

私が士を目指すうえで相応しい国家資格と狙いを定め、完全
独学による合格を果たしています。

この様な理由から、今訪問してくださっている皆様方の気持
ちも痛いほど理解できる立場上、

 自分の予想・云々よりも、 一刻も早くこの状況から脱し、

3冠王として 次なるステップを踏み出して頂きたいと思って
ますね。

ちなみに、 今回は「微妙な出題」が1問 見受けられましたが、

 平成23年度は 3問にも及ぶ割れ問 が炸裂しており、 .....

以下次号

  • ABOUT
これまで管理業務主任者、貸金業務取扱主任者、 宅地建物取引士、2級FP技能士などの国家資格 に独学で合格し、全経・簿記1級の有資格者で ある著者が、独学でマンション管理士に挑んだ 記録。
  • 生涯学習のユーキャン
生涯学習のユーキャンでは、 将来役立つ 資格や技能から、 楽しい趣味や教養まで 100 以上の通信講座を提供しております。
  • カテゴリー
  • フリーエリア
  • フリーエリア
  • フリーエリア
. マンション管理士
  • フリーエリア
  • 最新トラックバック
  • 最新コメント
  • プロフィール
HN:
独学 極蔵
性別:
非公開
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • P R
  • アクセス解析
  • カウンター
  • 忍者アナライズ
Copyright © マンション管理士 独学合格で極める! All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]